不健康な食事を止めたかったらすべき、たった1つの質問


ダイエットをしたいけど、ついつい誘惑に逆らえず、体に悪い食品を選んでしまうことってありませんか?

ハンバーガーとかポテチとかの加工食品って、依存性が強くてなかなか止められない上に、脳や体にダメージを与えまくるんで、超危険なんですよね。

そうは言っても、そんな簡単にやめられたら苦労はしないですよね。

ところが食品選びの際に、「ある質問を自分にするだけで、不健康な食べ物を選びにくくなった」という実験がございましたのでご紹介したいと思います。


「〇〇はなにを食べたいのか?」

結論としては、「〇〇(自分の名前)は何を食べたいのか?」と自分の名前を三人称で呼んで質問してあげると、人は健康的な食事を選びやすいということが分かっています。

これは2020年に行われたミシガン大学の研究(1)で、244人の男女を対象としたものになります。

内容としては、まず参加者を、

  1. 「健康的な食事や運動の大切さ」の動画を見てもらう
  2. 「ホームセンターのCM」の動画を見てもらう

という2つのグループに分けたうえで、スクリーン画面上に「不健康な食べ物」と「健康的な食べ物」の画像を表示。

そのうえで、参加者には、

  1. 「私(一人称の呼び方)は今何を食べたいのか?」
  2. 「〇〇(三人称の呼び方)は今何を食べたいのか?」

という質問を自分自身にしてもらってから、食べたいものを選んでもらうというような感じ。

つまり、

  • 健康に気を使ってる人orそうでない人
  • 一人称or三人称で自分を捉えた場合

で選ぶ食品の種類が変わるのか、ということを調べたわけですな。

その結果、

  • 健康に気を使っているか、そうでないかに関わらず、三人称を使ったグループの方が健康的な食事を選びやすかった

ということが確認されました。

毎日365日ダイエットのことを考えて生活している人も少ないでしょうし、ダイエットに興味があるかないかに関わらず効果があるというのは、なかなか使えそうですね。

それに三人称で自分に語りかけるだけなので、手軽に実践できますしね。

さらにこの手法の良いところは、実際に言葉に発さなくても、頭でつぶやくだけでいいというところです、

想像してみてほしいんですけど、

  • 「安西は今カレーが飲みたいなぁー」とか、
  • 「多田は今お魚が食べたいなぁー」

とか頻繁に周りの人が口に出して言ってたら、ちょっと気味が悪いですからね。


どうぞ気軽にお試しください。


そうは言っても...

って言っても、頭の中でいつもつぶやいているといつか癖で言葉に出てきても嫌ですよね。


そんなときは強制的に健康的な食事を自宅に送ってくれるサービスがおすすめ。

コンビニ弁当と同じぐらいのボリュームと安さなうえに、一流シェフと管理栄養士が毎週2品新メニューを追加してくれるので、飽きも来なくてかなりおすすめです。

ダイエットや健康に気を使ってる人は、この機会に検討してもいいかもしれません。リンクを貼っておくので、興味のある方はクリックしてみてください。


【nosh - ナッシュ】ヘルシー(低糖質・低塩分)な宅食サービス

どうぞよしなに。

コメント

人気の投稿