ナツメグを大量消費しようなどと考えてはいけない理由


カレーや肉料理、スープなどとも相性が良いスパイスですが、なかなか使い切れないというのが難点ですよね。

中でもハンバーグなんかを作るときにはナツメグを使う人も多いと思いますが、これを大量に摂取してしまうとものすごく危険なことをご存じでしょうか?

ナツメグを大量に消費したいと考えている方、レシピ検索する前にちょっと考えてみましょう。

ナツメグ中毒

「ナツメグ・ハイ」などとも呼ばれますが、ナツメグを大量に摂取すると気分が高揚し、体調が悪くなり、最悪死にもつながります。

「ランナーズ・ハイ」ってのは聞いたことがありますが、そのナツメグバージョンってことですね。身近なスパイスにこんな副作用があるなんて驚く限りです。

気分が良くなったり幻覚を引き起こすんで、麻薬にも近い特徴を持っていますが、こちらは摂取した数時間後すぐさま体調の悪化を引き起こすんで、気分が良くなるのはほんの一瞬。興味本位でやるのにはあまりにリスクが高いんでおすすめできませんね。

主な症状(1)としては、
  • 幻覚、トランス状態
  • 眠気
  • めまい、吐き気
  • 心臓の動機
  • 呼吸障害
  • 胃の痛み
  • 口の渇き
などがあり、症状が収まるには約10時間が必要とのこと。二日酔いの状態にも近いですかね。
ナツメグを大量消費したいだけだったのに、予期せずこんな症状に見舞われるなどご免こうむりたいですな。

ナツメグ中毒の原因

ナツメグで中毒が引き起こされる原因物質が「メリスチシン」と呼ばれる精油成分だとされています。この物質によって人間の神経細胞が破壊されることも分かってるようです(2)。

ナツメグのほかにもパセリやディルなどにも少量含まれているので、これらにも多少注意が必要かもしれません。

どれぐらいの量で危険なの?

どれぐらいの量のナツメグで中毒が引き起こされるのかというと、年齢や個人差もあるようですが、成人の場合は1日5g以上の摂取で中毒の危険性があるようです。

スーパーとかに置いてある市販のナツメグパウダーがだいたい15~20gぐらいなんで、さすがにあの量の1/3~1/4を1日で摂取することは普通はないと思いますが、カレーやハンバーグに大量に入れて消費しちゃおうと考える人もいなくはない気がするので、それはやめておいた方が良いですね。

いないと思いますが、もしホールの状態で料理に混ぜてガリガリ食べてしまおうなんて考えてる人がいたら、さらに大量に食べてしまう可能性が高いので絶対にやめましょう。

そして普通に使ったとしても、量を食べればそれだけナツメグを食べたことになります。
例えば、ハンバーグだと肉の量に対して0.2%ぐらいが適量とされるので、1kgのハンバーグで2g摂取することになります。大食いの人は気を付けたほうが良さげですな。

また過去の死亡例については、
  • 8歳の少年(約14gの摂取)
  • 55歳の女性(摂取量不明)
などがあり明確な致死量は分かっていないのですが、命にもかかわることなので十分に気を付けたいところです。おそらく体重が減るほど体への影響も大きくなるので、小さな子供に与える場合は特に気を配らなくちゃいけませんね。

どうぞよしなに。

コメント

人気の投稿